全自動洗濯機 CPCシリーズ

全自動洗濯機CPCシリーズは、市販の家庭用洗濯機を改造して、タッチパネルでプログラムした内容で運転する装置です。

撥水試験などでの試験工程をプログラムすることにより、全自動での試験が可能です。

市販の洗濯機を使用していますので、安価に製作することができます。

 

CPC

 

 

 

 

CPCシリーズの特徴

特徴1給水、排水、選択、すすぎなどが自由にプログラムできます。

特徴2タッチパネル式なので、見やすく操作が簡単です。

特徴3専用の機械を製作することに比べ、安価に製作することができます

    レ温給水や薬品投入などは、洗濯機外部に所定の装置を置き、洗濯槽に注入する配管が別途必要です。

 

 

 

使用例

|撥水試験例

温給水→薬品投入→洗い(10分)→排水→脱水(2分)→冷給水→すすぎ(3分)→

→排水→脱水(2分)→給水→注水すすぎ(3分)→排水→脱水(2分)

この工程を3回繰り返す

 

このように、工程と処理時間、繰り返し回数を自由にプログラムすることができます。

 

レ洗濯機のみでは温給水と薬品投入はできません。

レ自動温給水を行うためには、温水と温給水用電磁弁の設置が必要です。

レ薬品の自動投入を行うためには、薬品槽と薬品投入弁またはポンプの設置が必要です。

レ洗い、すすぎ時間は最大30分、脱水時間は最大5分としてください。

 

 

 

お電話でのお問い合わせは076-242-7161 お問い合わせフォームはこちら
▲このページのトップに戻る